ニキビのできやすい環境とニキビ対策

ニキビはこういう肌にできやすいとか、こういう人にできやすいっていうイメージで思いつくものはありますか?おそらく多くの人が、脂っぽい肌、脂性の人ができやすそうだと考えるんじゃないでしょうか。

そのとおりで、ニキビの直接の原因は皮脂です。そして、もともと脂性でなくても思春期は様々な事を理由に肌の状態はめまぐるしく変わってしまいます。ですから、脂質を綺麗に落とすことはもちろん、肌質を一定に保つ努力も必要なんです。

肌が急に脂質過剰になる原因として、男性ホルモン分泌量が増えることが挙げられます。思春期にはホルモンの分泌量も安定しておらず、また体の成長には欠かせない運動によっても男性ホルモン分泌量は増えるので、これは基本的には避けがたいことです。

ですから、重要なことは皮脂の分泌量の変化を常に感じ取り、多くなったら多くなったなりのフェイスケアを、少なくなったら少なくなったなりの肌のいたわり方をしなければならないということです。

また、皮脂があまり出ない肌質だからと油断してもいけないということですよね。思春期であれば誰でも急に脂質がたくさん出てくる事があり得るのですから。自分の肌の変化を感じ取ることが、ニキビ対策の第一歩だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です